前原総合医療病院 | 医療法人誠心会日本一やさしい施設をめざして

薬剤部

ご挨拶

薬剤部は3名の薬剤師および3名の薬剤助手で日々の業務をおこなっています。病院の理念に基づき、患者(利用者)さまの安全を第一に考え、医薬品の適正使用の推進、医療における安全管理などのさまざまなテーマをとおして、より有効かつ安全に医薬品が使用されることを心がけています。
今後、入院患者さまが安心して薬物治療を受けられるよう専任の薬剤師を配置し、病棟での薬剤業務を充実させていきたいと考えています。

薬剤部概要

薬剤師

3名

薬剤助手

3名

薬剤部業務内容

当院での薬剤部業務は、主に薬品管理業務、医師の処方に基づく調剤業務、注射薬管理業務、製剤業務、入院患者さまへの薬剤管理指導業務および医薬品に関する医薬品情報管理(DI)業務から成り立っています。そのため、処方されるすべての薬剤において、薬剤の相互作用など処方内容をチェックし、迅速かつ正確な調剤をおこなっています。現在は、調剤や製剤などの中央業務に加え、入院患者さまへの服薬説明を中心とした薬剤管理指導業務(病棟業務)に取り組んでいます。服薬について正しく理解できるよう指導をおこなうとともに、副作用も含めた効果についてフォローしていくことを業務としています。そして、そこから得られた患者さまの情報を他の医療従事者へ提供し、有効かつ安全な薬物療法がおこなえるようサポートしています。

以下、それぞれの業務内容について簡単にご紹介します。

薬品管理業務

  • 院内において、採用医薬品として約900種類の医薬品の購入をおこなっています。医薬品の特殊性を考慮し、品質性や安全性の面に十分配慮して保存・管理を徹底し、患者さまが必要とする医薬品を迅速かつ正確に供給できるよう心がけています。

調剤業務

  • 当院では、院外処方箋の発行を推進しているため入院患者さまの調剤が主となります。原則として定期薬はすべて一包化し、飲み忘れや飲み間違いなどを防止するよう努めています。患者さまが安心して適正な薬剤を服用していただけるよう、処方の内容(薬剤名,用法・用量,飲みあわせなど)を確認しながら調剤しています。

注射薬管理業務

  • 注射薬の量、使い方、組み合わせなどが適正かどうか確認し、患者さま一人分ずつセットして各病棟へ供給しています。

製剤業務

  • 治療上必要であるが採算性や安定性の面から市販された製剤がない場合、有効性や安全性を十分評価した上で、患者さまの治療に適した製剤になるように院内製剤マニュアルを作成し調製をおこなっています。

薬剤管理指導業務

  • 入院患者さまが適正な薬物療法を受けられるよう、主治医からの依頼に基づき、薬剤による副作用の発現がないかなどを薬剤師の視点から確認し、患者さまが安心して治療を受けられるように努めています。薬剤に関する指導や効能・効果、服用あるいは使用方法、副作用などの医薬品情報を提供しています。

DI業務

  • 医薬品を有効かつ安全に使用していただくために情報を収集し、医療従事者への情報提供ならびに各部署からの問合せへの対応をおこなっています。また、緊急安全性情報、添付文書改訂などの医薬品情報の共有もおこなっており、定期的に医薬品情報ニュースを発行しています。
PAGE TOP