前原総合医療病院 | 医療法人誠心会日本一やさしい施設をめざして

看護部

ご挨拶

看護部 | 医療法人誠心会グループ

誠心会グループから生まれる「やさしい看護」

看護部は、スタッフ一人一人が看護の専門職として誇りもち、全ての患者様・ご家族様に満足していただけるサービスをお届けできるよう「やさしい看護」を理念に掲げています。私共の提供する「やさしい看護」は、患者様の心と身体に寄り添いながら、人間味のある的確な対応をすることであり、苦痛や不安を抱えている患者様が癒やされ、病気回復の源になれることを目指して日々研鑚しております。
患者様から「ほんとに、ここの病院の看護師は、やさしか」と、鹿児島弁で、心暖まるお言葉をいただける時があります。この瞬間が、私共看護部にとって、感動につながり、看護の使命を果たすための大きな励みとなっています。
看護師は、進歩しつづける医療に伴い、高度で幅広いスキルが求められます。時には困難極まるハードルにも直面しますが、あらゆる直面にも順応できるように、新クリニカルラダー導入、eラーニング研修導入し看護師育成にも力を入れてまいります。
昨今、少子高齢化社会により、国の施策は、地域包括型ケアを推進していますが、これから先、地域の方々が、住み慣れた地域で、その人らしい生活を安心して送れるよう地域包括型ケアに向けて医療・福祉の協働・連携を進めてまいります。これまでの誠心会グループが培った医療・福祉の実績を礎に、日置市の方々、鹿児島県の方々、全国の方々、是非、前原総合医療病院をかかりつけ病院としてご利用ください。

前原総合医療病院 総看護師長
小濱 博敏

理念

看護の専門性を発揮し、常に患者様の立場にたった「やさしい看護」を提供します。

基本方針

  • 患者様、ご家族様のために、最良の看護ができるように努めます。
  • やさしい笑顔と真心を養い、思いやりのある看護師を育成します。
  • 教育内容を充実し、質の高い看護師を育成します。
  • 生涯にわたり働きやすい職場環境を構築します。

部門紹介

外来

“患者様に寄り添った看護を心がける”という外来目標を掲げ、受診に来られる患者様が安心して治療ができるように努めております。平成30年度より、痛みに対しての治療を行うペインクリニックの診療科も加わり、また、救急車受入れも24時間365日しており日置市の中核病院として地域の方々の健康に貢献できるように努めております。

一般病棟

看護基準10:1、ベッド数60床
2チームで構成し、整形外科、消化器外科、内科等、急性期患者様を中心に手術前後の管理、短期間での緊急度の高い治療を行います。また、低侵襲の手術入院・検査入院も受け入れています。平均在院日数は21日以内であり、入退院も多く、早期治療・早期回復を目指し取り組んでいます。急性期の治療を終えると退院となりますが、在宅での生活困難があられる場合は、患者様やご家族のご意向を確認し、多職種で連携し療養できる生活の場をご提案いたします。

障害者施設等一般病棟

看護基準10:1、ベッド数22床
障害者全般(対象疾患に限る)を中心とした慢性期の患者様を対象とし、肢体不自由となられた患者様、重度の障害や後遺症、神経難病の患者様を対象に長期的に治療・療養を行います。

回復期リハビリテーション病棟

看護基準13:1、ベッド数25床
適応疾患により身体機能の低下した患者様を対象とし、在宅復帰を目的として集中的なリハビリテーションを行います。失われた機能の回復訓練に留まらず、日常生活動作等、身の回り動作の再獲得に重点を置き、リハビリテーション計画をもとに、多職種で取り組んでいます。

手術室兼中材室

看護師は約10名程度で構成されており、業者への物品手配を含む、手術の準備から術前術後訪問、術中の看護(直接看護師・間接看護師)、そして術後の片付けや伝票処理まで、オールラウンドに手術室看護師として働いています。
これからも増えていくと予想される手術を受けられる患者様に対してよりよい周術期(手術を受ける前~手術を受けた後まで)を送ることができるよう『安全で充実した麻酔科・手術室体制の構築、各科の要求に応えられる体制の構築、救急患者を受け入れられる体制の構築』という目標を実践しようと日々努力しマンパワーの充実を図っていきます。
緊張感で張り詰めた手術室だからこそ、手術室看護師ひとりひとりが「元気に明るく、丁寧な職場づくり」に取り組んでいます。

PAGE TOP