前原総合医療病院 | 医療法人誠心会 – ペインクリニックあります日本一やさしい施設をめざして

イベントレポート

てんかん

「てんかん」はてんかん発作を繰り返す脳の病気で、年齢、性別、人種の関係なく発病します。「てんかん発作」の時の症状は、神経細胞の過剰な電気的興奮に伴って、意識障害やけいれんなどを発作的に起こす慢性的な脳の病気です。過剰興奮が脳の様々な場所に起こるため、その場所に応じて症状も様々です。

一般的には「けいれん」と呼ばれる手足をガクガクと一定のリズムで曲げ延ばしする「間代発作」や、手足が突っ張り体を硬くする「強直発作」、非常に短時間の意識消失が突然起こる「欠神発作」、全身や手足が一瞬ピクッとする「ミオクロニー発作」、感覚や感情の変化、特殊な行動などいろいろな症状があらわれる「複雑部分発作」などがあります。

PAGE TOP