前原総合医療病院 | 医療法人誠心会 – ペインクリニックあります日本一やさしい施設をめざして

イベントレポート

緑内障

緑内障は、視神経が収縮して視野が狭くなる病気で、日本の失明疾患の上位を占めています。40歳以上の約5%の人に見られる病気ですが、自覚のない人が多数いると言われています。近年は、新しい診断や治療法の導入により早期発見、早期治療により進行を抑えることができるようになっています。緑内障は、本人の自覚がないまま進行がすすむため、40歳をすぎたら一度、眼科での検診をおすすめします。

PAGE TOP