前原総合医療病院 | 医療法人誠心会 – ペインクリニックあります日本一やさしい施設をめざして

イベントレポート

翼状片

翼状片は、増殖した組織が角膜上に侵入したものです。紫外線や埃が原因と考えられており、鏡をのぞくと、白目が三角形の形で黒目に伸びてきているように見えます。数年から20年ほどかけて徐々に進行するため、初期は無症状であることがほとんどです。進行すると乱視の原因になり、充血がよく起こります。

PAGE TOP